韓国女優プロフィール情報4のTOPに戻る
「韓国女優プロフィール情報4」トップ >  オム・ヒョンギョン > 韓国女優オム・ヒョンギョン プロフィール


韓国女優オム・ヒョンギョン プロフィール

韓国女優 オム・ヒョンギョンのプロフィールです。



ハングル 엄현경
漢字   嚴賢
お誕生日 1986年4月25日
身長 167cm
体重 47kg
デビュー 2005年 シチューションコメディ「レインボー・ロマンス」

出演作品

2005 MBCドラマ「レインボー・ロマンス」

2006 KBS2ドラマ「ひとまず走れ」
2006 映画「Ice Bar」

2007 KBS2ドラマ「京城スキャンダル」ミユキ役
2007 KBS2ドラマ「妻のプライド 〜絶望と裏切りを越えて〜(お人よしのペク・イルホン)」ソ・アヨン役

2011 KBS2ドラマ「強力班〜ソウル江南警察署〜
2011 KBS2ドラマスペシャル「ストロベリーアイスクリーム」チュンギョン役
2011 チャンネルA「天上の花園」キム・ミョンオク役
2011 MBCドラマ「愛情万々歳〜ブラボー!マイ・ラブ〜」ミラ役
2011 映画「18,19」

2012 MBCドラマ「馬医」ソ・ガヨン役
2013 KBS2 ドラマスペシャル連作シリーズ 「シリウス」キム・アンナ役
2013 KBS2ドラマ「グッド・ドクター」ナ・イニョン役
2013 KBS2ドラマスペシャル「招かざる客」

2014 EBSドラマ「プルート秘密決死隊」
2014 MBCドラマ「母の庭園」キム・スジン役
2014 TV朝鮮「最高の結婚」ヒョン・ミョンイ役


☆オム・ヒョンギョン "人見知りをした私がソ・ガヤンのお陰に変わりました"(2013/4/4)

保守的な儒教文化が支配した朝鮮時代,本当にこういう人はいただろうか.女にも自分より年上な男に "兄さん"と呼んで,身分にかかわらず丁寧でない言葉に一貫する人.特に自分の師匠にさえ卑劣な言葉も躊躇しない.

俳優オム・ヒョンギョンが演技した MBC ドラマ '馬医' の中ソ・ガヨンは確かに私たちがその間見て来た史劇の中でめったに見にくいキャラクターだった.4次元魅力を持った女だったという話にだが,ソ・ガヨンを演技したオム・ヒョンギョンは '馬医'で特有の存在感を限りなく現わしていた.

可愛らしい外貌に目ぼしい溌剌とすることを持ったオム・ヒョンギョンをドラマ終映後に会った.その間ブラウン管で見ているにこにこ笑う姿が余地もなく再現された.オム・ヒョンギョンは "ソ・ガヨンははじめからあったキャラクターではなく,シノップス作業をして中間に作られた"と '馬医'に対する話を始めた.

◆大ざっぱなソ・ガヨン vs 社交性ないオム・ヒョンギョン

オム・ヒョンギョンは '馬医' 撮影の前テストを受けた.ソ・ガヨンはセクシーなキャラクターという言葉を聞いた.それでおびただしい悩みをした.朝鮮時代にセクシーなキャラクター?ところで中間にまた大ざっぱなキャラクターに行くという話を聞いてからは ' メンブン'だった.幸いにシナリオが出た時は "これは私がしなければならないキャラクター"と言いながらぴったりな感じが来た.

"元々シナリオリーディングする時は史劇トーンにしようと努力しました .ところで監督様がソ・ガヨンは史劇と係わったのではないから現代風にしなさいと注文するんですよ.何かを作ろうとするなと告げたんです.楽にさせたいとおりに思いきりしなさいというお話に本当に言葉は勝手にしたんです.別にキャラクターに対する研究をするとか勉強をして出たのではなかったです."

人の命を扱う医学ドラマだったから '馬医'には特に真摯な場面たちが多かった.ややもすると退屈かも知れなかった.そういう雰囲気を緩め竝びコミックな場面は必須だった.ソ・ガヨンはそんなコミックな場面の一軸だった.このためにアドリブが多かったようだが,オム・ヒョンギョンは首を横に振った.

"むしろ私はせりふに充実な方です.トーン一つ違わないようにしようと努力します.指紋そのままにします.せりふに出た言葉とおりして.そんなスタイルなのでアドリブが多くないです.むしろオルトギ 3人方(イン・ギョジン、チャン・ヒウン、ユン・ボンギル)がせりふよりアドリブが多かったです.(笑い) 助言もたくさん言ってくださったんです."

大ざっぱさが武器だったソ・ガヨンと違いオム・ヒョンギョンは特に人見知りをすることがひどい方だ.撮影場で先に声を掛ける場合も珍しい.静かな方だ.ところが,'馬医' 撮影後 '緊張少女' オム・ヒョンギョンが変わった.これからは結構社交性も生じた.

"大ざっぱな部分はソ・ガヨンに似ていたりします.私も几帳面とか女らしくはないんですよ.ところで社交性がないです.人見知りが激しいです.ソ・ガヨンはどこへ行ってもよく似合って言葉もよくかけるのに,いざ私はそんな部分が不足ですよ.それで今度ソ・ガヨンを演技しながらたくさん明けられました.すべて親しくなりました.(笑い)"

◆チョ・スンウ、ユソン,そしてユ・ジェソク

一緒に呼吸を合わせた '間抜け 3人方'は勿論,'馬医'の主人公だったチョ・スンウもオム・ヒョンギョンが忘れることができない '先輩'に残った.またたおやかな魅力を精一杯威張ったチャン・インジュ役のユソンも特別な縁になった.オム・ヒョンギョンにはその何とも変えることができない '人脈'という大事な宝物を得たわけだ.

"チョ・スンウ先輩に初めてお会いした時は率直に緊張しました.個人的にファンでもあったし,ミュージカルでは神さまじゃないでしょうか?映画 'マラソン' 'タチァ'にも出たし.実際にそんな方と一緒に演技をすると思うから気後も入ったが,本当に人間的であって楽にさせてください.初撮影なのに息が合いました."

オム・ヒョンギョンが伝えた撮影現場でのユソンは私たちが分かっていた姿とは一変だった.しゅうと与えなさいというキャラクターは重たかったが,チャ・インジュを演技したユソンは軽かった.オム・ヒョンギョンは "ユソン先輩,キャラクターとは違いおもしろい方だ.慇懃ギャグの欲心もある"と言った.

この間にはコメディアン ユ・ジェソクと偶然に出会ったりした.ユ・ジェソクとは過去一芸能プログラムに一緒に出演した事がある.ユ・ジェソクのおかげさまで(?) オム・ヒョンギョンは '緊張少女'というキャラクターを誕生させたりした.特に緊張をたくさんしたせいに生じたニックネームがだ.

"緊張は一生するようです.芸能は特に違うんですよ.こんなにインタビューすることも緊張されて.(笑い) 勿論,ソ・ガヨンの影響徳なのかたくさんよくなったんです.そして年を取って行って見るとちょっと厚かましくなったような感じもして.ああ,ユ・ジェソクお兄さんをこの間に会ったが,私に緊張少女と呼びながら憶えてくださるんですよ.5〜6年位経ったのに期億してくださるという自体が不思議だったです.感謝したんです."

◆4年間の空白…そして復帰

'馬医'を通じてもう一度大衆に顔を知らせたオム・ヒョンギョンだが,相変らず彼女を疎がる人々が多い.それもそのはずなのがおおよそ 4年と言う空白期間を持ったからだ.オム・ヒョンギョンは "もう十分な休息を取って備蓄している体力が多い"と言って明るく笑った.

"機会になったら私が演技したキャラクターをもう一度やって見たいです.初初しいキャラクターです.それを今やって見ればどんな感じることかも分かりたいんですよ.ちょっと違うように出ることができるようです.運動神経はゼロだが,アクションにも挑戦して見たいです.私が元々運動をしないのに,これからはしなければならないようです.今度、風邪やつかれ病いもたくさんかかりました.また肌も別に管理する方このなかったが,これからは栄養クリームアイクリームにも目を開き始めました.(笑い)"

オム・ヒョンギョンは空白期間 演技者という職業に疑問符をつけた.元々夢は演技者ではない幼稚園教師だった.子供達があんまり好きだったからだ.しかし結局また演技者に帰って来た.一先輩から聞いた "中間にしたくなくて出てもまた帰って来るしかないのが演技者だ"という言葉も大きくした分け前した.

"結婚した方々も後でまた演技をなさるんじゃないか?私も果してそうであろうかという考えをしたが,休みながら TVに出る方を見ればまたしたいという気がしました.私がもう忘れたのではないか心配もなったんです.少し曖昧な位置に残る所だったが,幸いにイ・ビョンフン監督様のお陰にこんなに帰って来ることができたんです."

これからは本当に演技ばかりしたいというオム・ヒョンギョンは演技がお上手になりたいという本音を仄めかした.他の道を考えしなくてひたすら一筋だけ歩くという駄目押しもした

"実際周辺で見ることができてもキャラクターだという錯覚を催すほどに演技がお上手になりたいです.どこかにいそうな感じです.そんな異質感がないようにする俳優になりたいです.オム・ヒョンギョンという俳優がどんなに成長するのか見ることもおもしろいつもりです.期待してください."